事前に確認するべきこととはどのようなことがあるか

サイトメニュー

基礎知識を理解しよう

鏡を見る女性

選び方や施術の内容を紹介

いぼが気になる場合には、そのまま放っておくよりも何らかの施術をしてもらった方がよいでしょう。病院に行けば、その日のうちに施術を行い処置が完了することがほとんどになります。そこで、どのような病院の選び方をするかが重要になります。選び方のポイントの一つとしては、アフターケアがしっかりしている点です。いぼの手術後は場合には、はれや痛みなどが発生することがあります。もちろん多くの場合数日もすれば元通りになりますが、初めていぼの手術をする場合には不安になるでしょう。そこで、アフターケアがどのようになされているかをカウンセリングの時に聞いておくべきです。その説明がしっかりしているところは、安心して利用することができます。クリニックや病院によっては、有料のところもありますので要注意です。次に、料金体系がどのようになっているかも気にしておきましょう。よくあるパターンとしては、ホームページなどを見ると料金が安いのにカウンセリングをした時には予想以上に高い料金を提示されることです。この場合、なぜホームページの料金と違うのかを確認しておく必要があります。相手が答えに窮するような場合には、契約をしない方がよいかもしれません。逆に、料金があまりにも安すぎるところも問題です。例えば、他のクリニックや病院の半額で手術をしてくれるようなところは逆に怪しいと思った方がよいです。場合によっては、あとで追加請求される可能性もあります。合計するとほかのクリニックよりも高くなってしまうことも考えられるでしょう。気になる場合には、理由を聞いてみて、あいまいな答えしかもらえないようなところは避けるべきです。
いぼ手術の内容ですが、一般的にはメスを使うことで手術をしていきます。もちろん最初にカウンセリングを行い、どのようないぼ手術なのかの説明がありますので安心です。この時、わからないことがあれば積極的に質問をしてみましょう。手術自体は、それほど時間がかかりません。たいていの場合1時間程度で終わりますが、これはカウンセリングを含めた時間になります。そのため、もし日程が決まっている場合には、その時から1時間以上は予定を入れないようにしましょう。しばらく安静にしてなければいけませんので、できればその日の予定は入れない方がよいですが、やむを得ず仕事をしなければならない場合や人との約束がある場合も少し余裕を持たせておいた方がよいです。施術を行う前に麻酔を行うのが基本です。小さないぼでも痛みが伴いますので、麻酔を行わないことはまずないでしょう。麻酔は注射で行うのが基本ですが、最近は針が細くて痛みが伴わないものも多いです。また、最初にしびれ薬を塗り皮膚の感覚をなくしてから注射をするところもありますので最初から最後までまったく痛みが伴わないところもあります。麻酔について気になるようならば、カウンセリングの時に聞いてみると良いでしょう。その後、いぼを切除しますがいくつかいぼがある場合には同時にとってくれることが多いです。ただ、数があまりにも多い場合には何日に分けることになるでしょう。止血を行い血がとまったことを確認して、一連の流れが終了になります。多くの場合、1週間後か2週間後ぐらいに状態を確認するためもう一度来院することになるでしょう。